総量規制適応外の貸付

総量規制適応外の貸付

自分の収入以上にお金を使いたいときには借入をすると良いのですが、その個人が借入する場合に置いて、総量規制と言う賃金業法の制限があり年収の3分の1を超える新規借入が出来ない場合があります。

これは、賃金業者から個人が借入する場合のみとなります。このような借入が出来ないのであれば、収入が少ない人は少ししか借りれずに、何も出来ない状態になってしまいます。

しかし、総量規制の適応が対象外の貸付もあるのです。それは、銀行の融資や、銀行のカードローンなども対象外となります。

他には、例外の貸付では、借り換えローン、特定緊急貸付、緊急医療貸付、個人事業者の貸付、配偶者と合わせた年収が3分の1を超えない貸付などは総量規制の適応外です。

他に、除外貸付としては、自動車ローン、住宅ローン、有価証券担保貸付、高額医療費貸付、居宅以外の不動産担保貸付なども総量規制の適応外です。

そして総量規制が対象なのは、個人への貸付なので、法人名義の借入は総量規制が対象外となります。

総量規制がかかると余り借入する事が出来ませんが、総量規制の適応外の貸付もたくさんあるので、おおいに有効利用をしてより良い生活サイクルを過ごせる事でしょう。

他の銀行カードローンには無い魅力が満載!

他の銀行カードローンには無い魅力が満載!

楽天銀行カードローンを利用する上でのメリットは幾つかあります。

その1つ目が、限度額が300万円まで可能である上に収入の証明書が提出が原則として不必要である事です。

審査の結果をメールにて連絡通知が届きます。

カード論ローン開始、お申し込み完了から最短で当日に案内を受ける事が可能です。

電話の場合は、勤務先の在籍確認や利用者の契約確認を行っています。

また、限度額が300万円以上の方の場合でも必要書類の提出が郵送以外にも証明書類送付アプリを利用することにより簡単に提出することが可能となる為時間短縮にも繋がるという利点があります。

2つ目が、ご入会することにより楽天スーパーポイントが1000ポイント進呈されるといった点です。

年会費や入会費が、なんと無料といった大きな利点があります。

3つ目が、おまとめにもご利用可能であることです。

4つ目が、インターネットだけに限らずATMでのご利用も可能であることに です。

また、以前に審査に落ちてしまった方であっても過去6ヶ月以前に申し込みされた方であれば再度申し込みが可能となります。

この様に、これらの多くのメリットを自身生活に取り入れ上手に活用することにより安心且つゆとりのある人生設計を立てることが可能となります。

パートの私でもキャッシング審査に通りました

パートの私でもキャッシング審査に通りました

私は冠婚葬祭の営業パートをして8年になります。離婚してから子供三人を養う為に働いていますが、まだ子供が小さいので社員ほどは働けないのでパートをしています。

ある日長年愛用していた車がとうとう完全に壊れてしまい、買い替えをしなければいけなくなりました。

そろそろかな、とは思っていましたが、それまでになかなか貯金もできていなかったので分割にしてもらうためにキャッシング審査をしました。

パートは借りれても車一台ほどは借りれることは難しいだろうと半ばあきらめていました。

キャッシングの依頼をして次の日には会社の方に確認の電話がかかってきました。

その時に会社の電話対応の同じパートの方に前もって連絡がくる事を知らせていましたので、スムーズに確認を取ってもらえました。

そして次の日には私に連絡があり、なんとパートの私でも世帯主であり、毎月の収入が

特殊な仕事で普通のパートより時給が良く安定していると言われました。

それから、なんとその連絡のあった次の日には中古でしたが車一台買えるほどのキャッシングができるようになりました。

パートでも、安定と収入によって借りれる金額が変わるようです。審査は本当に簡単で収入の証明と働いているという確認が取れれば

期待できる金額のキャッシングができると思います。

総量規制による利用限度額。

総量規制による利用限度額。

カードローンやキャッシングを利用する場合、おそらくいちばん気になるところだと思いますが、利用限度額というものがありますね。今どうしても欲しい金額が、この利用限度額を超えていれば、残念ですが借りることはできません。

これは大きな問題です。だからこそ、比較的大きな金額を借り入れしたいときには、利用限度額の高いところを選ぶことになるわけです。確かにこの金額は会社によってまちまちでしょうから、自分が求めているところも見つかるかもしれません。

でも、現実はいつでもそう上手く事が運ばないようになってる。たとえば、消費者金融のカードローンやキャッシングを利用するときには、総量規制による利用限度額というものがありまして、これは年収の三分の一以上の借り入れができないことになってるんです。

これはけっこう厳しく見られるもので、たとえばいくつかのカードローンを使って借り入れをしても、その総額が年収の三分に一を超えることはできないようになってます。しかし、この総量規制による利用限度額が及ばない銀行カードローンを使うという手もあります。

今はけっこう探せば見つかるのではないでしょうか。カードローンやキャッシングには、銀行系と消費者金融系がありますから、どちらを選ぶかは、その条件次第となるでしょう。自分に合ったところを探せばいいわけです。

おまとめローンで、返済が楽に!

おまとめローンで、返済が楽に!

社会人になると、何かとお金が必要になってきます。

住宅費、交際費、食費や洋服代も、親元で生活しているときはかからなかったものがいろいろとかかってきます。

社会人一年目から高給取りであれば話は別ですが、そうでない人の方が多いはずです。

お給料の範囲でやりくりしなければいけませんが、冠婚葬祭のようにちょっとしたお金が 必要になる場合もでてくるはずです。

それ以外にも、急な物入りがあったりするときに、貯金がない場合は、身内に借りるか、キャッシングなどでお金を借りるしかありません。

キャッシングは、今や簡単に借りることができるので、とても便利ですが、味をしめて何度も借りたり、何社からも借りてしまうと、後で大変なことになってしまいます。

そこで、便利なのがおまとめローン。スター銀行などが代表でありますが、今ではいろいろな銀行で同じようなシステムを取り扱っています。

簡単に言うと、たくさんの所で借りたお金を、ひとつにまとめて、一箇所に返していくという単純なものですが、それにより、一社一社に払っていた金利をひとつにできるので返済が楽になるというものです。

たくさんの所で、借金を抱えて苦しんでいる人は、銀行に相談してみると良いと思います。