お金が足りない時は定期預金から借りよう

お金が万が一足りなくなった場合は、銀行や消費者金融という金利の高い所から借りるのではなく、ちょっと違った借り方があります。

それは、定期預金に貯金している人ができる裏ワザ的な方法です。

なんと、定期預金に預けて自動継続している方は、定期預金からもお金を引き出すことができるのです。

普通預金の残高がなくなった場合に、通常の引き出し方法同様に、お金を引き出すと、これで定期預金からお金を借りた形になります。簡単に借りられます。

ただし、借りられる限度額は定期預金で貯めている額の9割までです。最高で200万円までです。

利子は預金金利の+0.5%。低金利なので、他と比べて安心です。

お金を返却するときは、普通預金に入金すれば、返したことになります。利用の仕方は簡単です。

意外とみんなに知られていない知識です。

急にお金が必要になったとき、定期預金に十分にお金を貯金しておけば、低金利で借りることができるのです。またわざわざ、定期預金を解約せずに済みます。こういう裏ワザ的な方法も知っておくと、何かしらのときに役に立つかもしれません。

急な出費で、現金が必要になったときの為にも、最低限の貯金はしておきましょう。貯金は大事なことです。

借り換えローンが原因の多重債務を回避する「唯一の方法」とは?
カードローンの借り換えが原因で、多重債務の道へ進むことはよくあります。もしあなたが多重債務を回避しつつ毎月の返済を減らしたいのであれば、今すぐこのサイトをチェックして下さいね!